to be continued

経験談や様々な情報!マルチに配信!

MENU

~心編~ 介護の現場で感じたこと

f:id:yaaaan:20190906220800p:plain

皆さんこんにちは、こんばんは!

現役介護福祉士のyaaaanです。

今回の記事は前回の続きで介護の現場で働いているなかで感じたしんどいという感情の理由をお伝えできればいいなと思います。

前回の記事は主に体のことについて書きました。

今回は心について書いていこうと思います。

前回の記事を読んでいない方はこちらになりますので是非ご覧ください!!

 

www.yaaaan.net

 では始めます!!

 なぜ心がしんどくなるのか

皆さんは介護についてどのくらいご存じでしょうか?

体を資本とし体を酷使する仕事と認識されているのではないでしょうか。

おおむね合ってます!!

 ただ、私が介護の仕事をしていて本当にしんどいと感じた瞬間は体を酷使している時ではないのです。だったらいつなのか?それは患者さんの対応に入っている時でした。

 

対応とは?

患者対応、利用者対応とは施設または病院にいらっしゃる方々の要望を聞く、またはお世話に入ることです。ナースコールが鳴り鳴らされた患者さんの部屋に走っていき患者さんの要望に対応する。そんな感じの流れになっています。

 

なんでしんどいの?

別に排せつ介助や入浴介助で体を酷使するわけではないのになんでしんどいの?と思われる方も多いと思います。

それには理由がいくつかあります。

①介護の現場ではタイムスケジュールが過密

②いかなる仕事をしていてもナースコールが鳴ればナースコールを優先しなければならないので、仕事がうまく進まない。

③疾患がある方の対応

その他にもいろいろあると思いますが大きくこの三つについて説明いたします。

 

ケース別の心情

上にも書いた通り今回は3つのケースに分けてお伝えしていこうと思います。また複合的に起こった場合の心情や対応についても書いていこうと思います。

 

介護現場のタイムスケジュール

介護現場のタイムスケジュールは日々の生活サイクルを元に組み上げられています。朝は起床→着替え→洗顔→朝食準備→朝食といったように日々私たちが行っている生活サイクルを患者さんにも行ってもらわないといけません。私たちは自分でできますが、施設や病院にいらっしゃる方はすべての方が自分でできる訳ではありません。起床から朝食までの短い時間で着替えの介助や洗顔などの介助をしないといけないので非常に時間が足りません。この過密なタイムスケジュールでしないといけない事がおおいと必然的に心にも余裕がなくなり焦ってしまいます。

 

ナースコール対応

 ナースコールの対応の優先順位は非常に高いです。

その理由は単純で緊急性がある可能性があるからです。介護とは患者さんの命を預かっている仕事ですので、緊急性がある可能性が少しでもあれば、いかなる仕事をしていても急いで行かなければなりません。タイムスケジュール的にも余裕がなくてもナースコールが鳴ればそっち優先となるわけです。

タイムスケジュールに余裕がなく心が焦っている時にナースコールが鳴ると今まで以上に焦ってしまいます。

 

疾患がある方の対応

疾患がある方の対応とはその疾患1つ1つの認識を深めないとできません。なので必然的に疾患について勉強しないといけません。私は病院で務めているので新たな疾患の患者さんが入院されたら、まず看護師さんに疾患について教えてもらっています。なんでいちいちそんな事をしているの?と思われる方もいらっしゃると思います。その理由は患者さん1人1人の対応について禁忌と呼ばれる行為があるからです。

例えば、患者さんの要望で水が飲みたいと言われ、その要望に応えたとしましょう。その患者さんがもし水分制限があれば1日に飲める水分の量は決められています。先ほど飲ませた水分でその日の水分制限分を超えていたら禁忌にふれたことになります。

この禁忌とは生命維持に関する上で守らなくてはいけないルールなので、下手をしたら命に関わる大惨事になる可能性があります。

このように対応といっても1人1人に合わせた柔軟な対応が必要なのでめちゃくちゃ気を使いながら対応に入らないといけません。

 

3つのケースを踏まえた介護現場での心情

 三つのケースごとの心の在り方を見てもらいました。

正直どうでしたか?

普通にしんどいと思いませんでしたか?私は正直、体よりも先に心がしんどくなりました。体の不調は整骨院などで調整可能ですが、心に関しては調整が難しいです。心の整骨院などありませんから。

3つのケースが1つ1つ解消できれば問題はないのでしょうが、少なくとも2つはいっぺんに来ます(笑)結構焦ります。焦らないように努力していますが、どうしても余裕がないのが現状介護をしている人が抱えている悩みの1つだと思います。(万人に言えることではなくあくまで私の見解です)

 

まとめ

今回は、前回の記事の続きで介護をしている中での心情について私なりにまとめてみました。前回の記事に引き続き介護についてのしんどいに目を向けた記事になりました。この記事と前回の記事を見て介護はしたくない!!と思われている方も多いでしょう。ただ介護をすることで得られることも非常に多いです。

次回の記事では介護をすることで得られること、将来についてまとめようと思います。

ではまた次回の記事でお会いしましょう!!

 

to be continued